セジマ薬局 やさしい薬局イメージ1 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ2 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ3 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ4 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ5

福岡・小郡のやさしい調剤薬局

梅雨が明け、暑い日が続いています。店頭には鮮やかな色の夏野菜が並んでいます。トマトやナス、キュウリ、ゴーヤ、オクラなどの夏野菜には、水分を補ったり体の熱を冷ましたりする作用があります。暑いときは、冷えた飲み物につい手が伸びてしまいますが、時にはそのかわりにトマトやキュウリをかじってみてもいいかもしれません。室内では冷房の効いているところが多いので、キンキンに冷えたものではなく常温に近いもののほうが胃腸の負担が少ないです。冷え症の人は摂りすぎに注意しましょう。
体の熱を冷ます食べ物 → 小麦、春雨、小豆、豆腐、緑豆、アスパラガス、キャベツ、キュウリ、空芯菜、香菜、ごぼう、ズッキーニ、セロリ、冬瓜、ナス、もやし、レタス、キウイ、スイカ、すもも、パイナップル、バナナ、メロン、レモン、あおさ、昆布、ひじき、もずく、わかめ、プーアール茶、緑茶

外気の湿度も高いですが、それに加えて暑さで水分を多く摂るため、余分な水分がたまりやすくなります。むくみや消化不良、下痢などを起こし、これが夏バテにつながります。

“湿”を除いて“脾”を助ける食べ物 → 黒豆、大豆、落花生、とうもろこし、ナス、鯛
また夏は“心(血液の運搬、精神や思考を担う)”の働きが活発になるといわれています。“心”がオーバーヒートしてしまうと、頻脈、不整脈、動悸、息切れ、不眠などが起こりやすくなります。甘味、酸味、辛味などの味にもそれぞれ作用があるのですが、苦味は強心、消炎、止血、解熱、鎮痛作用があり、“心”の高ぶりを鎮めてくれます。ゴーヤ、レタス、ごぼうなどの苦味のある食べ物とともに、“心”を助ける食べ物を摂りましょう。

“心”を助ける食べ物 → 小麦、ひじき、ウーロン茶、紅茶、コーヒー

この暑さはいつまで続くのかとげんなりしますが、例年お盆を過ぎると少し涼しくなる気がします。熱中症には気を付けて、花火や水遊びなど夏のレジャーを楽しみたいですね。

薬膳アドバイザー  勢島 智子

福岡のやさしい薬局 セジマ調剤薬局

810-0022
中央区薬院2丁目6-1(薬院) tel : 092-762-2130 / fax : 092-762-2132
店休日 : 日曜日・祝祭日

セジマ調剤薬局 店舗一覧

セジマ薬局 ページの先頭に戻る