セジマ薬局 やさしい薬局イメージ1 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ2 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ3 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ4 セジマ薬局 やさしい薬局イメージ5

福岡・小郡のやさしい調剤薬局


『セジマ調剤薬局天神』のパートさんを募集中です。

勤務時間:16時〜19時
勤務日:週1〜4日(月火木金)
もしくは土曜日:9時半〜13時半(月1回でも可)
時給:1800円〜2300円

勤務時間や勤務日数はご相談に応じます。

詳細は採用担当セジマ調剤薬局薬院 田頭(デンドウ)まで、
お気軽にご連絡ください。
092-761-5133 または info@sejimapharmacy.co.jp


10月10日、福岡県小郡市の小板井2区のふれあい館にて、「知って得する健康応援薬局の活用法」というテーマで話をしてきました。
場所は、「調剤薬局ウエル」から徒歩1分。近い!
私はここ一年は「やさしい薬局 長尾店」にメインでいますので、久しぶりの小郡、そして久しぶりの小板井の皆様!
そう、ご近所の公民館なので、知っている患者様がたくさんいらっしゃいました。
長年「調剤薬局ウエル」に勤務していましたが、どうしても会社の都合で異動となり、小郡の患者様にはご迷惑をおかけしてしまったのですが、皆さん温かく迎えてくださいました。

最初はある患者様から小板井1区の話をいただき、そこから小郡交流センター、そして、小郡交流センターに見えていた小板井2区の方から今回の話をいただきました。
これも人と人とのつながり、ですね。

話の内容は、
・薬局での業務内容
・かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師
・お薬手帳、電子お薬手帳
・クスリはリスク(副作用、相互作用、重複投与、ポリファーマシー、残薬等)
・今話題の線虫がん検査「N-NOSE」
・健康食品、サプリメントについて
・補聴器について
・薬剤師の在宅訪問
・フレイル(虚弱)の予防

等々、いただいた50分間に詰め込みました。
フレイルには、身体の虚弱、こころの虚弱、社会性の虚弱があります。社会性の虚弱とは、家に閉じこもったり、他者との交流を避けるようになったりすることです。
これからの超高齢化社会、AI(人工知能)社会、人口も減り、ますます他者との交流が減るかもしれません。
しかし、このような公民館での集まりは、非常にいい場だと思います。

そして嬉しかったのが、男性にもご参加いただけたこと。
どうしても女性に比べて男性の方がこのような集まりに出てくる方が少ないように思います。
私たち薬局薬剤師は、健康応援薬局の一員として、いつもなにか皆様の役にたちたいと考えています。
男性の皆さん(もちろん女性も大歓迎!)たまには、薬局でゆっくり話をしませんか?

そして、私たちも薬局に籠っていないでどんどん外に出て行かねば。

人に歴史あり。
どんな方でもその方だけの深い歴史があります。
普段、薬をお渡しする時にお話ししているだけではわからないことが、
違うシチュエーションでお話するとわかることがあるかもしれませんね。

小板井2区の皆様、素晴らしい時間をありがとうございました。
皆様ほとんどの方がタピオカミルクティーをご存知だとはびっくりでした。飲んだことがある方はいませんでしたけど(笑)
飲む機会があれば、ストローで吸った時にズズーッと吸ってヒュッと出てくるようなので、注意してくださいね。
私も飲んだことがないのでわかりませんが。

勢島英

10月1日、消費税率が10%になりました。

薬局での処方せんに基づいたお薬代も、厚労省が定める調剤報酬、薬価により、料金が変わります。
また、薬局にある市販薬や、マスクなどの衛生用品は10%、お持ち帰りになる食品、ドリンク類、サプリメント等は8%です。

 

ご注意いただきたいのは、ドリンク等のなかで「医薬品」「医薬部外品」に当てはまるものは、軽減税率対象にならず、10%です。飴などでも、「医薬品」に分類されるものは10%です。

 

なかなか見た目の判断が難しいですが、薬局によって取り扱っている商品も違いますし、ご不明な点があれば遠慮なくお尋ねください。



少し涼しくなってきましたが、気温差もあり、体調管理が難しいですね。

 

夜もまだ少し寝苦しさがあります。

 

ある夜、子供たちを寝付かせていると、川のせせらぎが聞こえてきました。

 

チョロ、チョロ、チョロ、、、

 

ピチャピチャピチャ、、、

 

目を閉じると、家族で行った油山の川の風景が浮かんできます。

 

うーん、心地良くて寝てしまいそう。

 

と、ウトウトしていた時、

 

ガガガガガーッ!ジャーッ!ボーッ!!

 

・・・そう、食洗機の音でした。

最後まで、川のせせらぎの音くらいで食器がキレイになる食洗機があればいいのに。

勢島 英

 9月に入り、朝晩涼しくなってきましたが、昼間はまだ暑い日が続いています。暑さの残るうちは体の熱を冷ます食べ物、そして冬に向けて涼しくなってくると体を温める食べ物を摂りましょう。

秋は“肺(呼吸器全般、全身に栄養と“気”をふりまく)”の働きが活発にこの季節は空気が乾燥してくるため、咳や喉の痛みが出てきたり風邪をひきやすくなったりします。首元を風にさらさないようにして、肺の機能を助ける食べ物を摂りましょう。また“気”が不足すると免疫力が低下するので、“気”を補う食べ物を摂りましょう。

 

肺を潤す食べ物 → 山芋、さとうきび、蜂蜜、アーモンド、銀杏、杏仁、松の実、落花生、白キクラゲ、百合根、れんこん、いちじく、柿、かぼす、すだち、梨、バナナ、みかん、りんご

咳を止める食べ物 → 蜂蜜、水あめ、アーモンド、えごま、栗、杏仁、松の実、落花生、かぶ、生姜、百合根、いちじく、梅、梨、びわの葉、豆乳

“気”を補う食べ物 → 米、いも類、豆類、きのこ類、魚・肉類、卵

※ “肺”は大腸や皮膚とも関係が深いと言われています。便秘や肌の乾燥にも注意しましょう。

 

腸を潤す食べ物 → 蜂蜜、アーモンド、くるみ、ごま、杏仁、松の実、落花生、アロエ、えのきだけ、オクラ、小松菜、ごぼう、しめじ、白菜、レタス、バナナ、ヨーグルト、ごま油

 

秋の食養生には“辛味”も大切です。ねぎ、生姜、わさび、唐辛子などの薬味や香辛料だけでなく、大根、玉ねぎ、しそ、ニラなど、ほのかに辛味のある食材も該当します。辛味は働きの弱った“肺”の負担を軽くし、体を温めて余分な水分や滞った“気”の流れを改善し、発汗を助ける作用があります。また大腸の働きを活性化して便通を改善する働きもあります。脂っこい食べ物や体を冷やす食べ物の消化を助けるように、てんぷらや焼き魚に大根おろし、冷奴にはしょうがとねぎ、というように私たちの食生活には当たり前になっているものもあります。しかし何事もほどほどが大事、辛味も摂りすぎには注意しましょう。

 

果物もおいしい秋、我が家の食卓には梨とりんごが登場しています。たくさんの品種があり、どれが好みかなと食べ比べてみるのも楽しいですよ。

薬膳アドバイザー  勢島 智子

824日土曜日、宝台団地の夏祭りに参加させていただきました!
チーム名「りょうすけ先生とその仲間たち」で演奏依頼をいただいたので、
みんなで練習を重ねてきました。


 しかし、あいにくの大雨。雨天の場合は中止とのこと。
リハーサルをしながら待機する我々。

 「この雨だとないやろーねー。。。」

 とか言いつつ、奇跡を信じ、練習&準備。
電子ピアノやベース、アンプ類が濡れないように、ビニールで梱包。

 始まりの1750分。

 なんの連絡もなし。

 ん!? 夏祭り、あるのか?

 それからしばらくしても何の連絡もなく、でも雨は降り続いている。

 山口先生と一緒に現地を視察。

 夏祭り、やっとる!!

 雨の中、皆さん夜店や出し物をやっているではありませんか!

 こりゃ、我々もどげんかせんといかんばい!

 しかし、舞台に屋根がない。
なので、テントを一つ舞台の下に持ってきてもらい、
そこで電子機器関係(ピアノ、ベース)を弾くことに。
そして、我々サックス組と打楽器のコンガは舞台の上。

 そんなバタバタと準備をしているうちに、雨が弱くなってきた!

 パラパラ雨の中、桧原龍王太鼓さんのすばらしい和太鼓演奏。

 よし、雨の中盛り上がってきた!我々も続くぞ~!

 雨でセッティングに時間がかかりましたが、雨も一時的に止み、なんとか演奏できました!

  

 一曲目 ホール ニュー ワールド(アラジンより)

二曲目 長崎は今日も雨だった

三曲目 アンダー ザ シー(リトル・マーメイドより)

アンコール ルート66

 テナーサックスはりょうすけ内科外科 院長 山口良介医師、アルトサックスは私、
そして、VIEW MUSIC STUDIOの音楽仲間にピアノ、ベース、コンガをお願いし、
皆で楽しく演奏できました!
途中、山口先生はサックスを置いて歌っていましたが(笑)


 山口先生が歌ったのは「Singin’ in the Rain(雨に歌えば)」・・・ではなく、
「長崎は今日も雨だった」、そして、「ルート66」!大熱唱!大好評!


 

ある患者様から、「先生たちの音楽を聴くと、私たちも元気になる」
と以前言っていただいたことがあります。


 

音楽には、人の心を動かす力がある。
そして、感動することこそが脳に刺激を与える一番いい方法ではないかと思っています。


 

脳若トレーニングなどでいろいろ話していても、
年齢を重ねるとともに感動することも減ってきたという方が意外に多いようです。


 

音楽でもいい。映画でもテレビでも本でもいい。
スポーツ観戦でも、孫の運動会でも、雨の後の虹でもなんでもいいんです。
来年は東京オリンピックもあります。


 

ちょっとしたことでもいいので感動すること。

 

それが日々の生活の中に必要ではないでしょうか。

 

私は中学生の時、悶々とした日々を過ごしていましたが、
ある時、父から「一日一回感動しなさい」と言われました。


 

「一日一回感動する」

 

今ではそれを座右の銘とし、日々過ごしています。

 

これからも演奏の機会があれば、
少しでも感動を与えられる音楽ができるようにがんばります!


もちろん、薬剤師という本業に支障ない程度に(笑)

 

それにしても、大雨の中、ビショビショになりながら夏祭りを運営されている方々。

ご高齢の実行委員の方もいらっしゃいました。

皆さんのエネルギーはすごい!!

 

そして、その雨の中、私たちの演奏を聴いて下さった方々。

宝台団地地域の皆様、ありがとうございました。

 

カレー、ごちそうさまでした!おいしかったです☆

勢島 英

 

予定通り、40歳になりました。

別にその日に何かが変わるわけではないけれど、
白髪が少しずつ増えてきたり、脂肪が増えてきたり、胃もたれしたり、
確実に代謝の衰えや細胞修復のイレギュラーは多くなってきている気がします。


40歳、50歳、60歳、70歳、80歳、90歳・・・、
元気な方はたくさんいますが、30代後半で多くのプロ野球選手が引退するのを見ると、
あんなに毎日体のメンテナンスをして鍛えている人たちでも衰えてしまうのか、
と思ってしまいます。


もちろん、プロ野球の第一線で戦っている選手と私は全然違いますが(笑)

 

 なんか複雑な思いを抱いている中、VIEW MUSIC STUDIOのピアノの先生からのメール。

 

「ハッピーバースデー!人生今からだね!」

 

そうか。

 

敬愛する先生からのこの一言で、思考のモヤモヤ雲がパーッと晴れました。

 

仕事も家庭も、音楽もこれからだ。

 

人生の先輩方もきっと同じようなことをおっしゃるだろう。

 

40歳なんてまだまだ、と。

 

15年前くらいか、日本のジャズサックスの第一人者、ナベサダこと渡辺貞夫さんの
生演奏を聴いたとき、感動して自然と涙が溢れました。
86歳だから、71歳くらいのときか。

人生経験を積まなければ出せない音がある。

ナベサダさんの演奏を聴ける機会もだいぶ減ってきました。

来年の東京オリンピックの開会式、ナベサダさん吹いてくれないかなぁ。

 

 

誕生日に、薬局のスタッフがケーキを準備してくれました。
 小郡の調剤薬局ウエルに勤務していた時も、
温かいスタッフたちとみんなの誕生日を祝っていました。
異動後、長尾店でも祝ってもらえるとは。

 

ケーキの箱を開けると、、、

 

ん!?

 

「Aさん、お誕生日おめでとう!」

 

 

 

「Aさん」って誰だ~っ!!!

 

私の名前は「英」なので、薬局スタッフのK君が店員さんに、
「英語の英です。」と伝えたらしい。
すると、店員さんも「英語のA?」となって、結果「Aさん」に!
 いや、「Aさん」ってありえないだろ・・・(笑)
 しかも、薬局控室に包丁もナイフもないのにホールケーキ。
マッチもライターもないのにロウソク4本。


 

こらっ!K君! もっと考えなさい! 祝ってくれるのは嬉しいけど!

 

長尾店が大爆笑に包まれたのはいうまでもありません。

 

 

今月、824日(土)に城南区の宝台団地の夏祭りで、
りょうすけ内科外科の院長 山口良介先生と、VIEWの音楽仲間と一緒に演奏をします!


 

なので誕生日の日はVIEWのスタジオで夏祭りの練習。

 

久しぶりにサックスを吹く。

 

音楽仲間との至福の時。

  

 

そして、夜には親友からのメール。

 

 

「誕生日おめでとう。今年もよろしく」

 

 

やれやれ、実は自分は、とても幸せではないか。

 

勢島 英

 

梅雨が明け、暑い日が続いています。店頭には鮮やかな色の夏野菜が並んでいます。トマトやナス、キュウリ、ゴーヤ、オクラなどの夏野菜には、水分を補ったり体の熱を冷ましたりする作用があります。暑いときは、冷えた飲み物につい手が伸びてしまいますが、時にはそのかわりにトマトやキュウリをかじってみてもいいかもしれません。室内では冷房の効いているところが多いので、キンキンに冷えたものではなく常温に近いもののほうが胃腸の負担が少ないです。冷え症の人は摂りすぎに注意しましょう。
体の熱を冷ます食べ物 → 小麦、春雨、小豆、豆腐、緑豆、アスパラガス、キャベツ、キュウリ、空芯菜、香菜、ごぼう、ズッキーニ、セロリ、冬瓜、ナス、もやし、レタス、キウイ、スイカ、すもも、パイナップル、バナナ、メロン、レモン、あおさ、昆布、ひじき、もずく、わかめ、プーアール茶、緑茶

外気の湿度も高いですが、それに加えて暑さで水分を多く摂るため、余分な水分がたまりやすくなります。むくみや消化不良、下痢などを起こし、これが夏バテにつながります。

“湿”を除いて“脾”を助ける食べ物 → 黒豆、大豆、落花生、とうもろこし、ナス、鯛
また夏は“心(血液の運搬、精神や思考を担う)”の働きが活発になるといわれています。“心”がオーバーヒートしてしまうと、頻脈、不整脈、動悸、息切れ、不眠などが起こりやすくなります。甘味、酸味、辛味などの味にもそれぞれ作用があるのですが、苦味は強心、消炎、止血、解熱、鎮痛作用があり、“心”の高ぶりを鎮めてくれます。ゴーヤ、レタス、ごぼうなどの苦味のある食べ物とともに、“心”を助ける食べ物を摂りましょう。

“心”を助ける食べ物 → 小麦、ひじき、ウーロン茶、紅茶、コーヒー

この暑さはいつまで続くのかとげんなりしますが、例年お盆を過ぎると少し涼しくなる気がします。熱中症には気を付けて、花火や水遊びなど夏のレジャーを楽しみたいですね。

薬膳アドバイザー  勢島 智子

先日、新入社員歓迎会&暑気払いがありました。もちろん、ウエルネスファーマシーの薬局スタッフとウエルケア訪問看護ステーションのスタッフ合同。新入社員は薬局は事務員1名、訪看は看護師2名、理学療法士1名、合計4名。まだ入社数週間の方も思いのほか溶け込んでいてビックリ!

同じ目標をもった仲間達と話すのはやはり楽しいですね。


時代は絶えず流転しており、まさかこの大きな会社が、ということもニュースでたくさん耳にしますね。吉本工業しかり、日産しかり。

 

以前患者様からこんなことを言われたことがあります。

 

「あんたたち薬局はいいね。待っていればお客さん来るんやろ。」と。

 

とんでもない!今、実は薬局もそういう時代ではないんです。

 

薬剤師の報酬というのは、国が決めます。薬の値段も国が決めます。
そしてそれは基本的には2年ごとに変わり、かつ、近年はどんどん減っていっています。

 

私たちも他の多くの会社と同じように、
患者様のニーズ、地域のニーズ、国のニーズに合わせて変化をしていかなければ、
自然淘汰されていくのです。

 

訪問看護ステーションの皆も、利用者様の看護・リハビリをしつつ、
その合間の時間は営業に走り回っています。

 

管理栄養士は栄養指導をし、事務さんは膨大な事務処理をしながら、
市販薬や衛生用品の管理をしたりしています。

 

裏方の仕事をしてくれているスタッフもいます。

 

年に2回、こうして集まるのは、
社長を中心に皆が集まって同じ目標に向かう確認の会でもあるのです。

 

・・・おいしいものを食べながら(笑)

 

4種チーズのピザ。実は私のテーブルはコソッと店員さんにはちみつを貰って、
それをかけていただきました。絶品!!

よし!暑い日が続くけど、皆、ネクストを考えてがんばろう!

※「ネクスト」は社長の口癖です(笑)

 

最後になりましたが、ロイヤルガーデンカフェ天神のスタッフの皆さん、おいしい料理と温かい接客対応、ありがとうございました。

おかげさまで、とても良い会ができました。

 

勢島 英

スウェーデンの小説「ミレニアム」をご存知ですか?

 


数年前に「ドラゴンタトゥーの女」という映画で話題になりました。「ドラゴンタトゥーの女」というのは、小説「ミレニアム1」の日本版の副題です。スウェーデンで爆発的にヒットした後、世界中で翻訳されています。

その後も、「ミレニアム2 火と戯れる女」「ミレニアム3 眠れる女と円卓の騎士」とミレニアム三部作が続きます。

そして、その続編「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」が今年映画化されました。

第一作目とキャストが違うのが残念です。

最新刊の「ミレニアム5 復讐の炎を吐く女」の文庫版も昨年の12月に発売されました。

 

さて、このシリーズ。本も映画も結構残酷なシーンを含むサスペンスものなので、苦手な方は要注意なのですが、作品としてはものすごいです!

「ミレニアム1」の小説を読んだときは、クライマックスが3回あって衝撃を受けました。

続編もとにかくおもしろい!

北欧というとなんかいいイメージがたくさんありますが、この本を読んで、やはりどこの国でも多くの問題を抱えているんだなぁという印象。またIKEAの家具の話がよく出てきたり(さすが本場!)、セブンイレブンが出てきておもしろかったです。

 

それと、もう一つ衝撃を受けた事実。

作者のスティーグ・ラーソン。第一作目が発売する前に心臓発作で亡くなっています。

パソコンには第二作目の原稿、そして第三作目も途中まで残っていたようです。その後、ダヴィド・ラーゲルクランツにより、続編が書かれています。

つまり、自分の本が世界中の書店に並んでいることも、大ヒットしていることも、映画化していることも知らぬまま亡くなってしまったのです。

 

‷無念‴という言葉が正しいのかはわかりませんが、私が最初にこのことを知ったときは、無念という言葉しか頭に浮かびませんでした。

 

亡くなった後に、自分の作品が多くの人に影響を与えるってどういうこと?

 

ゴッホは? ピカソは? モーツァルトは?

 

不思議なことに、その作品たちは何年、何十年、何百年後に生きる私たちの人生の彩りの一部としてこれからもずっと存在し続けてくれているのです。

 

7月。もうすぐ祖父母の命日。

 

ちょっと「死」について、考える。

 

 

とりとめのない文章で失礼いたしました。

さて、ミレニアム1の登場人物のヴァンゲル家の人々。三国志、水滸伝等、中国の歴史を題材にした小説も名前を覚えるのが大変でしたが、スウェーデンもなかなか難しい。

母に勧めて貸しましたが、名前の難しさにギブアップ(笑)

 

ヘンリック=ヴァンゲル、エディット=ヴァンゲル、リカルド=ヴァンゲル、ゴットフリード=ヴァンゲル、イザベラ=ヴァンゲル、マルティン=ヴァンゲル、ハリエット=ヴァンゲル、ハラルド=ヴァンゲル、イングリッド=ヴァンゲル、ビリエル=ヴァンゲル、セシリア=ヴァンゲル、アニタ=ヴァンゲル、グレーゲル=ヴァンゲル、イェルダ=ヴァンゲル、アレクサンデル=ヴァンゲル、グスタヴ=ヴァンゲル・・・

そして、主人公の名はミカエル=ブルムクヴィストとリスベット=サランデル。対するは、ハンス=エリック・ヴェンネルストレム。

 

うーむ。名前を覚えるのがドストエフスキーのロシア人名並みに難しい。

日本のグローバル化がもっと進めば、キラキラネームで名前が難しいなどとは言っていられないな。

 

勢島 英

福岡もやっと梅雨入りしました。たくさんの雨で、植物が成長していく季節です。


梅雨の季節には“脾(消化器官全般を指す)”の働きが活発になるといわれます。主に、飲食物の消化吸収、栄養分や水分の全身への運搬を担っています。そのため“脾”の機能が落ちてくると、食欲不振や消化不良、腹部膨満、下痢、内臓下垂、だらだら続く出血などが起きやすくなります。冷たいものや生もの、脂っこいものは“脾”を傷め、“湿”を増やしてしまうので、控えたほうがいいでしょう。

…とはいっても、気温が高くなってくると、冷たいものを飲んだり食べたりしたくなりますよね。私は冷たいものを摂るとすぐに腸をやられてしまうので、極力常温以上のものを摂るように気を付けているのですが、やはり今は冷たいものを摂ることが多くなっています。そのほうが爽快感や満足感があるのですが、これが食欲の落ちる原因になってしまいます。

“脾(消化器官)”は冷たい水分を苦手としています。“脾”が冷やされると、胃の蠕動運動や胃酸の分泌が低下して、食欲がなくなったり、消化が進まずにもたれてしまったりするのです。暑いときに飲む冷たいものは最初の1杯にして、そのあとは常温のものを摂るなど、工夫するといいと思います。そして、柑橘類や梅干し、お酢などの酸味を摂ることで食欲を刺激し、“脾”を助ける食べ物を摂りましょう。

 

“脾”を助ける食べ物 → 米、とうもろこし、長芋、じゃがいも、かぼちゃ、いんげん、枝豆、そら豆、キャベツ、黒豆、大豆、干し椎茸、アーモンド、落花生、鶏肉、牛肉、いわし、かつお

 

空気がジメジメしているように、私たちの体も“湿(余分な水分)”がたまりやすくなります。この“湿”がたまってくると、冷え、手足のむくみ・だるさ、下痢、また皮膚にも影響してジュクジュクした湿疹、水虫も現れやすくなります。余分な“湿”をためないようにしましょう。また香りのよい食材には“気”のめぐりを良くして“湿”を取り除く働きがあるので、取り入れましょう。

 

“湿”を取り除く食べ物 → アスパラガス、いんげん、生姜、セロリ、セリ、きゅうり、冬瓜、とうもろこし、ナス、レタス、すもも、小豆、黒豆、大豆、緑豆、はと麦、アーモンド、落花生、豆腐、しじみ、わかめ、ウーロン茶、紅茶、ココア、珈琲、プーアール茶、緑茶

“気”のめぐりを良くするもの → 紫蘇、玉ネギ、ピーマン、香菜、ジャスミン、ネーブル

 

ジメジメして過ごしにくい季節ですが、植物にとっては恵みの雨、
私たちにとっても大切な雨、気持ちよく過ごしたいですね。

 

 

薬膳アドバイザー  勢島 智子

セジマ薬局 ページの先頭に戻る